母乳不足の解消

ピンク色のサプリ

母乳不足で悩む人は多く、それを解消するための努力をおこなっている人もまた多くいます。そして母乳不足の解消には、お茶を飲むことが有効とされています。母乳は血液から作られているのですが、お茶には血行を促進する作用があるのです。血液が多く流れるようになれば、母乳も多く作られるようになるわけです。 また、血行が良くなることで脂肪燃焼率がアップします。すると血中の脂肪濃度が下がり、それにより母乳がサラサラとした良質なものとなります。ドロドロとしていないので詰まりにくく、それが一層母乳の出を良くします。また、詰まることによる乳腺炎の発症を防ぐこともできます。 脂肪燃料率のアップにより、母乳不足だけでなく産後太りを解消することもできるため、産後にお茶を積極的に飲む人は多いです。

ただしお茶なら何でも良いというわけではなく、ノンカフェインのものを選んで飲む必要があります。カフェインの含まれているお茶だと、母乳にもカフェインが入ることになります。するとその母乳を飲んだ赤ちゃんも、カフェインを摂取することになるのです。カフェインを摂取すると、神経が高ぶって寝付きにくくなることがあります。 ノンカフェインのお茶には、麦茶やごぼう茶やたんぽぽ茶などがあります。これらなら、飲んだ本人の体にはもちろん赤ちゃんの体にも、カフェインは入っていきません。 また温めて飲むことで、一層高い血行促進効果が得られるようになります。しかも体も温まるため、それによる心身のリラックス効果をも得ることができます。そのため母子ともども、熟睡しやすくなるのです。熟睡することで、母乳不足を一層解消しやすくなります。